【女性のための CAR WEB マガジン】クルマ選びなら滋賀のディアサイン

サイト内を検索
SEARCH

「私の車時間」いかがお過ごしですか?あなたの車時間を教えてください♪

recommend
December 14,2020

「私の車時間」いかがお過ごしですか?あなたの車時間を教えてください♪

image-「私の車時間」いかがお過ごしですか?あなたの車時間を教えてください♪ | Car Shop Dearsign

コロナ禍の2020年に感じた 車の価値観の変化

9月に当店の展示会を滋賀県大津市の「コラボしが」にて実施しました。

ご覧くださった方、ありがとうございました!

展示会コンセプトは「私の車時間」。

この2020年は新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止として「おうち時間」というキーワードが注目されましたね。

 

この展示会ではそれぞれの「車時間」についてインタビューさせていただいたので、そちらのご紹介・ご案内をさせていただきました。

 

お客様とお話しさせていただく中でもよく話題(?)となるのですが、特に女性同士だと車の話って“ほとんど”といっていいほど出ないですよね。

私も車屋の奥さんという立ち位置でママ友さんに聞かれたりすることはありますが、オーナーである主人が車屋さんを始めるまでは車の話をしたことがあるかというと、ほぼありませんでした。

でも、皆さん車は日々利用されているわけで、とりわけ私の住む地域では車なしの生活なんて考えられないです。

ですので、普段あまり女性同士で車の話をしたり聞いたりすることがない中で、この展示会では様々な方のカーライフや車の価値観に触れてもらい、新しい発見をしてもらえればと考えた企画展でした。

 

それぞれのお客様自身の車の考え方や選ぶ基準、当店に向けたコメントなどを中心に紹介しましたが、それらを読んでご参考くださった女性のお客様も多かったようです。

 

今年もそういったことを通じてたくさんのお客様と関わらせていただけたこと、とても嬉しく感じています。

 

この展示会でご紹介したお客様や、今年新たにお話しさせていただいたお客様とのやりとりのなかで、気が付いたことを今年のまとめとして少し書いていきたいと思います。

 

コロナ禍だからこそのポイントとしては2つあります。

  • ソーシャルディスタンスや公共交通機関を利用せずとも移動できる手段として「車」の需要(必要性)があがった
  • 旅行やイベントなど非日常の時間が減少し、「日常の時間の充実」という考えが広がった

車の買い替えを検討されている方にとって、以上の2点から「車」と「自分」について深く考えられるタイミングとなったようです。

 

また購入後の感想を要約すると以下の3つになります。

  1. 自分自身がずっと気になっていた車に乗れた喜び
  2. 車を買い替えたことによる周りからの嬉しい声かけや評価
  3. 仕事へ向かう時や送迎する時の自分のモチベーションが上向きになった

この感想を皆さんが笑顔でお話しくださることは、こちらのモチベーションにもなるわけです(笑)

 

ずっと気になっていた車に乗れた喜び

コレ、意外と皆さん多いんですね。

マーケティング調査によると、一般的には車を購入する半年前くらいから次、乗り換える車を探しだすのだそうです。

なので、そういった時期に入って車を探されて候補に入ったのかなと思いきや、いや、実は前から乗りたいと思っていた車で・・・と伺うことが多かったです。

でも「子どもが小さい」や「運転に自信がない」「値段で諦めていた」といった理由からこれまで乗ることはなかったようですが、このコロナ禍での「自分の時間」を重きに置かれる傾向も強まったところから、ずっと気になってはいたけど購入を躊躇していた車を買いたい!と思ってくださる方が多くなったようです。

 

実際、長年憧れていた車が自分の車になったということなので、その喜びは誰でも想像してもらえるかと思います。

あと、少し補足させてもらうと、dear Signならそんな思いをかなえてくれそうと感じてもらえたそうで(笑)

嬉しいですね。

 

周りからの嬉しい声かけや評価

今までは女性同士やママ友さんの中で、車の話題になる方は少なかったのに、今回車を買い替えたら「いい車ですね!」「新車みたいに綺麗!」と声をかけられることが増えたそうです。

普段ママさん同士で子どもの送り迎えの前後におしゃべりタイムがありますが、今年はコロナでそういう時間もなくなってしまったようですね。でも車を通してコミュニケーションが生まれた方もおられたとか。

仕事をされている方も、車で取引先に行くとその車を見てお話しがはずんだりとしたようです。

電車移動ではなかった新たなコミュニケーションの場面が生まれているそうです。

そしてもちろん、自分の車を褒めてもらって嬉しくない人はいませんよね。

お客様のそんな報告をしていただけるお顔も、見ていて嬉しくなります。

 

自分のモチベーションが上向き

デザインが好きなものや「コレ!」と思った車に乗ることで、モチベーションが上がるとのことです。

人は視覚からの情報がとても優位と言われていますが、「かわいい」や「オシャレ」と思える見た目が常に目に入っているというだけでも気分はワクワクします。

車でワクワクするという、あまり女性では体験が少ないことですが、そんな時間を過ごしてもらっている中で、自然と前向きな気持ちになったり、仕事に対して頑張ろうというパワーが出てくるのだそうです。

家やオフィスの自分のデスクの周りが、自分の好きなものが並んでいると嬉しいですよね。

その感覚と同じだと思います。

そしてそう思える車との出会いというのは、嬉しくもあり、鬱々とするこのコロナ禍で、大事なことかなと思います。

 

このように思っていただける車選びをお手伝いをさせていただけたことをとても嬉しく感じます。

 

何かと費用はかかる車

車という、そもそも値段の高い買い物。

給油や税金に保険、車検やオイル交換、その他整備や修繕など、その後も費用がかかる車。

何に乗っていても車である以上は費用はかかります。

もちろん安くコストを抑えることもできますが、0にすることはできません。

そういう費用をどうとらえるか

安いに越したことはないのですが、「まぁこの車を乗るためなら」と思ってもらえる出し方とそうでない出し方では、乗り方にも影響があります。

乗り方が悪くなると、やはり別の費用(故障や修理、ぶつけるなど)がかかり悪循環となることも。

 

気に入っているものにお金をかけることは、そうでない場合に比べて感じ方は違うはずです。

 

少しでも心地よい毎日となるように。

楽しく暮らせるアイテムとして。

「気に入ったものに乗る」「憧れていたものに乗る」「オシャレなものに乗る」

そんな車に出会ってもらえたらなと思っています。

 

貴方の車時間をお聞かせください!

「私の車時間」

愛車のお話しをお聞かせいただける方も大募集です!

沢山の人にいろいろな車の価値観が伝わると嬉しいので、ぜひご協力いただける方はご連絡くださいね!

 

contact