【女性のための CAR WEB マガジン】クルマ選びなら滋賀のディアサイン

サイト内を検索
SEARCH

私がクルマを好きになった理由~ファッションと車~

interview
July 18,2020

【interview】私がクルマを好きになった理由~ファッションと車~

女性にとって「メイク」は日々のことであり、楽しさであり、難しさでもあると思います。

今回はメイク・身だしなみ講師「青木美香さん」とお話させていただきました。

 

青木さんは、私が2019年にファイナリストとして参加した「大津・女性ビジネスプランコンテスト」でメイク技術を中心に、ヘアセットやコンテスト用ファッションスタイルなど見た目ブランディングの指導をお願いした凄腕講師で、イメージアップスペシャリストとしてご活躍です。

それまでは私もメイクをしていたものの、単にやってただけだと実感。

青木さんに指導をしてもらったことから、改めて「メイクの楽しさ」「日常の楽しさ」を感じるようになりました。

毎日のことだから適当でいいのか、気を付けるべきか(笑)。

青木さんはもともとから車がお好きだそうですが、どういう経緯で車に興味を持つようになったのか、「女性と車とは?」など、女性の美について多角的にとらえられている青木さんの視点で今回車についてお話を伺いました。

 

どうぞ、よろしくお願いします♪

(以下DS:ディアサイン 青木:青木さん

 

 

 

image-私がクルマを好きになった理由~ファッションと車~ | 【interview】私がクルマを好きになった理由~ファッションと車~ Car Shop Dearsign

車は自分の所有物の1つだから好きな車に乗りたい

DS:青木さんにとって車はどういうものでしょうか?

青木:移動手段ではあるけれども、車は自分の所有物の1つだと思っています。私はカバンやアクセサリーだったり、小物とかがすごく好きなんですが、(車は)そういうものの1つだと思っているので、自分の好きな車に乗りたいと常に思っています。

 

DS:自分のこだわりを出すものですか?

青木:そうですね。自分の「好きを表現」するものだと思っています。

 

DS:青木さんにとっての車は移動手段でもありますが、ほかに魅力的な要素ってどういうところでしょうか?

青木:子どもと離れて過ごす空間でもあり、数少ない音楽がゆっくり聴ける場所でもありますね。あと移動の間に一人でゆっくり考え事ができたり。電車に乗っていると周りの人のことが気になったりもするので。

 

DS:自分の思いをまとめることができるのも、一人で過ごせる車の中だからこそっていうことですね。

青木:私が車で移動することが多いのも、そういうことができるからっていうこともありますね。

 

 

車が好きになったきっかけは「憧れの世界」

DS:以前から車は好きとのことですが、好きになったきっかけって何でしょうか?

青木:海外の音楽PVを見ていて、そこで海外のカッコイイ車が沢山登場していたんです。それをずっと見ていたから憧れが生まれたのかなと思いますね。海外のセレブはこういう車に乗っているんだなぁって(笑)思い返すと、若い頃から当たり前な感じで見るようになっていましたね。

 

DS:海外セレブなど憧れの世界を彩るアイテムの1つとして車が存在していたという感じですか?

青木:そうですね。パリスヒルトンとかの世代で、当時はかっこいいベントレーに乗っていたりしたのを注目してました。海外のPVに出てくる車はやっぱりオシャレで。そういうのを見ていると「あの車のホイールかっこいいな」とかそういうところにまで目がいっていたので、好きな音楽、好きな服のそばに「好きな車」があったいう感じですね。

 

DS:なるほど。「ファッション」に興味があって今の業界に入ってこられたと思いますが、やはりもともとからそういった「ファッションの世界」を構成する細かな部分まで目がいく。というのが原点としてあった感じがしますね!

image-私がクルマを好きになった理由~ファッションと車~ | 【interview】私がクルマを好きになった理由~ファッションと車~ Car Shop Dearsign

 

 

サンルーフの車も自分の好み

DS:ご自身の車選びではどういったところを重視したり、何を基準にされてきましたか?

青木:やはり見た目。あとは使い勝手や価格ですね。

 

DS:現在トヨタのハリアーに乗っておられますが、よかったなと思うところはどういったところですか?

青木:見た目はSUVで自分も気に入っていたし、これは私のイメージですけど、国産のメーカーの安心感やサポートですかね。あとは子ども達も気に入って乗っていてくれているところです。長距離の移動しても、窓やサンルーフからの景色を楽しんだり、モニターで好きなDVDを見ることを喜んで乗っています。特にどこかへ行くという目的がなくても、割と子ども達は車に乗ることを嫌がらないですね。

 

DS:よく、お子さんを車に乗せるのが大変で。何とかチャイルドシートに押し込んで(苦笑)なんて話を聞きますが。

青木:そういうことはないですね。なんなら、乗ったそばから「サンルーフあけて」って言ってきます(笑)。

 

DS:サンルーフをつけたのも青木さんチョイスとお聞きしました。サンルーフの魅力はどんなところでしょう?

青木:そうですね。そもそもはオープンカーがかっこいいなぁと思っていたんですが、オープンカーって乗りたいけど実用的ではないので。サンルーフであればそういう気分もちょっと味わえるかなと(笑)。車の中も明るくなるし、風も入ってくるのでいいですよ。窓って横の窓を開けるとけっこうきつく風が入ってきますが、サンルーフでちょっと窓を開けるだけで車内の空気を替えることができるので。

 

DS:サンルーフって必要なの?という意見もありますが、見た目も機能性もしっかりあるわけですね。

青木:子どもの時からサンルーフのある車は憧れでもありましたね。