【女性のための CAR WEB マガジン】クルマ選びなら滋賀のディアサイン

サイト内を検索
SEARCH

女子が車にワクワクするときって

column
February 11,2019

女子が車にワクワクするときって

image-女子が車にワクワクするときって | 女子が車にワクワクするときって Car Shop Dearsign

女性のためのクルマ屋さん
を謳っている私が言うのもなんですが。

女性の方が、クルマにワクワクするってイメージありますか?

男性の方が、自分の愛車をSNSに投稿したり、自分が行ったパーツ交換やクルマの知識を写真や文章にのせて広めていたり、クルマ雑誌を黙々と本屋さんで立ち読みされていたり。

はたまた、嬉しそうにクルマのカタログやクルマのパーツのラインナップを見られていることはよくあると思います(笑)

カーレースもそうですし、クルマ屋さん自体もオトコゴコロをくすぐる(もしくは見せつける??)イメージに仕上がっていて、もちろんそれをお好みの女性もいますが、一般的にはそのような雰囲気からは女性はちょっと遠い存在のように思います。

男性同士のお話の中で、クルマ談義に花を咲かせるということもあると思いますが、

女性同士でそんな話って出てくるでしょうか?

おしゃべり大好き女子で、ランチ→お茶→お茶→ディナーとお出かけしてもしゃべることでおわってしまうそんな女子も多いですね。

何をしゃべっているかといえば、たわいもないことから仕事のこと、子どものこと、恋愛のこと、ファッションのこと、メイクのこと、日用品のこと、おでかけのことなどなどなどなど・・・

でも、残念ながら女子の会話で自発的にクルマの話が出るってあまりないです。

もともと、幼い頃からクルマのおもちゃが好きなのは男の子です。
某大手メーカーによるミニカーから始まり、ラジコン、プラモデル、クルマがロボットに変形するものなど、おもちゃコーナーの男の子の棚はクルマが大きく陣取っています。

これを買ってもらうと、男子はそれらを並べたり走らせたり、上から下から眺めたり、ひたすらドアをあけたり閉めたりしてみたり(笑)

たまにクルマ同士で戦いごっこもあるあるでしょうか(笑)

もちろんクルマで遊ぶのが好きな女の子もいます。

男の子のような遊び方で遊ぶ子もいますが、遊び方としては、お人形さんごっこの一連の流れの中でクルマをのる状況(どこかにおでかけにいく)を作って遊んだり、街の風景を作ってその中にクルマをおいてみたり。

とにかく、場面の中のクルマという存在です。

風景の一部としてのクルマです。

男子は、クルマが第一主義という遊び方と考えると、違いを感じませんか?

それは、成長してクルマを所有するようになる年齢になっても同じようなことだと思います。

女性は生活の一要素としてクルマを捉えています。

場面の一部としてクルマを捉えます。
その中に映えるクルマがあったら。。。

日常のシーン、
自分がいる空間、
そこに「いいな」と思うデザインのクルマがあったら。

きっと「わくわく」がそこに伴うことでしょう。
女子がクルマに「わくわく」する時でしょう。

「わくわく」によって、違う世界が見えるかも??(笑)

でも、大袈裟ではなく、単なる日常もモチベーションが変わります。
運転が苦手な人も、
仕事に向かうのが億劫な人も、
クルマを通して変わることが多々あります。

ほとんど毎日乗る物だからこそ、
お金がかかるものだからこそ、
「わくわく」を伴うものが見つかりますように。