【女性のための CAR WEB マガジン】クルマ選びなら滋賀のディアサイン

サイト内を検索
SEARCH

ファミリーにとっての『女性のための車屋さん』夫婦の本音をお聞きしました!

interview
July 06,2020

【interview】ファミリーにとっての「女性のための車屋さん」夫婦の本音をお聞きしました!

image-ファミリーにとっての『女性のための車屋さん』夫婦の本音をお聞きしました! | 【interview】ファミリーにとっての「女性のための車屋さん」夫婦の本音をお聞きしました! Car Shop Dearsign

今回はファミリーのお客様に、当店をご利用いただいてのインタビューをさせていただきました。

 

これまでは大手ディーラーで車のことは任されていたご夫婦。

「女性のための車屋さん」をきっかけに、奥様とまずお話をさせてもらう機会がありました。当店にご興味を持っていただき、奥様からご主人へとつながりました。いつも明るくお話くださる奥様と穏やかなご主人。購入いただいた車をとても気に入ってくださり、こちらも嬉しいです。

ただ最初は知らない車屋さんということで、少し様子を見ておられたそうです。やはり誰だって知らないお店、まして単価が高い車屋、アフターのことも心配です。その中でご来店いただいたきっかけや率直なその時の思いなどをお尋ねさせていただきました。

 

どうぞよろしくお願いします。

(DS:ディアサイン 奥様・ご主人:オーナー様

 

ご主人にとって最初はやっぱりここはどんなお店か不安だった

image-ファミリーにとっての『女性のための車屋さん』夫婦の本音をお聞きしました! | 【interview】ファミリーにとっての「女性のための車屋さん」夫婦の本音をお聞きしました! Car Shop Dearsign

DS:最初当店に興味を持っていただいたのはどういったところでしょう?

奥様:私個人的には、家の近くにいい車屋さんがあったらいいなぁと思っていました。私の実家ではお付き合いのある車屋さんがあって。購入はディーラーだけど、それ以外のことはお願いしている車屋さんがあって、そっちの方が安いし信用もできるなと思っていました。でも実家は遠くて行けないので、今住んでいる家の近くにないかなぁと思っていたら、奈見子さんと近江女子商人の守山市内の講座で出会わせてもらって、奈見子さんならきっと大丈夫って思ったんですよね。

 

DS:あらー、それは嬉しい限りです(笑)

奥様:出会うとわかるというか。場合によってはちょっと・・・ということもありますが(苦笑)、奈見子さんならちゃんとしてもらえるって思えたんですよね。ただやっぱりディーラーも信用はできるし、何かあった時はバックでサポートする会社があるのは知っているので。どうかなーとは思いながら主人に相談しました。

 

DS:その時のご主人の率直な感想はどうでした?

ご主人:うちの実家は逆で車のことはずっとディーラーにお願いしている家だったんです。車というのはそういうもんだと思っていたので。率直な感想で言わせてもらうと「(その店)大丈夫かな」「変な人につかまったんちゃうかな」と思っていました。

 

DS:そりゃいきなり言われたらそうなりますよね(笑)

ご主人:でもえらく(奥様が)薦めてきてとりあえず行ってみようよって何回も言われたんです。そんなにいいんかな?と。何回も言ってくるので逆に疑心暗鬼になってしまったというか(笑)

 

DS:変な勧誘にひっかかった?てなりますよね(笑)でもそう感じられたのはごく普通の感覚なんじゃないかなと思いますよ。

ご主人:でも、まぁもともと買い替える車を探している時期ではあったので、ひとまずは行ってみようか、ということになりましたね。

 

DS:なるほど。でも普通なら「怪しいしやめとこう」ってなると思うんですが、その気持ちを押してまで「ひとまず行ってみよう」って思ってもらえたのはなんでですか?

ご主人:うーんそうですね。それくらい(やめとこうという気持ちを押さえるくらい奥さんから)何回も言われた

 

 

奥様の後押しがあってご主人がご来店

image-ファミリーにとっての『女性のための車屋さん』夫婦の本音をお聞きしました! | 【interview】ファミリーにとっての「女性のための車屋さん」夫婦の本音をお聞きしました! Car Shop Dearsign

DS:あはは(笑)奥さんに押された感じですか?

ご主人:ただ何回か奈見子さんには会って喋っているし、知ってる人やからと言っていたんです(当時お会いした講座で)。だから大丈夫とは言ってたんですよ。

 

DS:でもそれ本当に大丈夫なん?てなりませんでしたか?

ご主人:まぁ(お店に)行って、自分で見て、これ騙されそうや、と思ったら逃げよう。みたいには思ってました(笑)

 

DS:なるほど(笑)でもそうやって来てもらえるほと、奥様がご主人に押してくださるって珍しいパターンですよね。

奥様:そうなんですか?

 

DS:だいたい車ってご主人主導のご家庭が多いので。

奥様:そうですね。普段は車のことは主人任せにしていましたね。

 

DS:でも、そんな中で奥様が押してこられた感じなんですよね。

ご主人:そうですね。普段は(奥様が車のことを)何も言わなかったのに、(ディアサインは)いいお店やと思うと言ってきたのは本当に珍しかったですね。

 

DS:ありがとうございます。おかげでこうやってインタビューもお聞きできることになってありがたいです。

奥様・ご主人:いえいえ、こちらもよかったです。

 

 

ディアサインが他と違うと感じてもらえたところ

image-ファミリーにとっての『女性のための車屋さん』夫婦の本音をお聞きしました! | 【interview】ファミリーにとっての「女性のための車屋さん」夫婦の本音をお聞きしました! Car Shop Dearsign

DS:具体的にどういったところが別のお店と違うと感じていただけましたか?

奥様:大手のディーラーや中古車販売店しか比較はできないですが、全然違います((笑)

ご主人:ほんとに。

奥様:何か困った時にはすぐ相談しようって思える信頼関係だったり、何か聞けばすぐ答えてもらえるレスポンスの良さとか。大手だとそんなに早くは対応してもらえず、見てもらおうにも1か月先だったりして「え?」ってなったりして。だから、もうそのお店に相談しようとも思えなくて。

 

DS:すごく時間がかかってしまうんですね。

奥様:実家の父に「車、こんなんだけどどうかな?」と相談できる感覚で、こちらに聞けるのがありがたいです。一般的な車屋さんだと「そんなことで来るんか」みたいな雰囲気になっちゃうので。ひとまず怖いけど乗れるし、(お店に聞かないまま)これでいいかって乗ってしまっていました。ここではそういう部分をカバーしてもらえて安心させてもらっています。

ご主人:次の点検までは待って、その時にまとめて(車の気になることは)聞こうかなって感じでしたね。

 

DS:当店のポリシーとしては、いつでもお客様がわからない・困っているところを寄り添って解決してあげるという姿勢ですが、あまりそうしてもらえる感覚は他店ではないですか?

ご主人:気軽に聞きに行くという感覚で言うと、やはり行きにくく感じていますね。なので実際そういうちょっと理由で行ったこともないんですけど。特に大手さんになれば予約をとらなければならないし、そこまでするもんでもないかなーって。

奥様:最低限動いていればね。それでいいかーって。電話でも聞いたことないですね。

ご主人:なんか別の話もされそうって思うと、ちょっと警戒してしまうというか(苦笑)。

 

DS:そうですね。やはり気軽な気持ちで入ってしまっていろいろ売り込まれたりするのがちょっと苦手だという方もおられますね。

ご主人:確かにそういう意味でも、ここに最初に来させてもらった時にまだ半信半疑で来ましたが、「ゆっくり考えてくださいね」と言ってもらえたことで「あ、もうここでいいや。このお店で買おう」って思えましたね。じっくり考えて納得したものが見つかるまで探してもらえそうだったのでコロッといっちゃいました(笑)

 

DS:ありがとうございます(笑)。よく聞く話で「この値段は今日だけの価格です。来週だと値段の変動があって」というセールストークもあるんですが、経験から言うとそうではないですね。その価格に次回もできないということよりも、せっかく来たお客さんを返したくないし、そういわれるとお客様側も焦ってしまうのでそちらの効果を狙ってますよね。